新栄運送株式会社/運輸安全マネジメント

運輸安全マネジメント

-輸送の安全確保に関する基本理念-

『安全の確保は全ての業務に優先する』

 

わが社は、「輸送の安全の確保」が最も重要な使命である。

『安全の確保・輸送品質の向上・情報の共有化』の導入について


私たちは、輸送の安全確保が最も重要であることを認識し、経営トップをはじめ全社員が一丸となって、全ての業務の遂行に「安全第一を確認、優先」し、「輸送の品質」を重じ、常にその向上に努力します。
また、社内の安全に関する「情報の共有化」の推進により安全品質を高め、安全確保に関する「計画(P)・実行(D)・チェック(C)・ 改善(A)のサイクルを活用して、小集団活動を活発化し、継続的に行い、安全確保の向上に寄与します。

 

-輸送安全マネジメント・システム-

  1. わが社の事故防止のための安全方針
    1. 経営トップは、輸送の安全確保が経営の根幹であり、最も重要であるという意識を全社員に徹底し、安全の確保に主導的役割を果たします。
    2. 社内の安全に関する情報を共有し、輸送の安全確保が最優先であることを浸透させ、積極的に公表する。
    3. 安全委員会を主体に、輸送の安全確保に関する計画を創り、実行、チェック、改善に取り組み、常に安全対策を見直し、全社員が一丸となって安全確保の向上に努める。
  2. 輸送の安全に関する目標
    1. 重大事故件数は常に“ゼロ”を目標とする。
    2. 物損・追突・逆突(バック)・製品事故の削減目標1件(昨年は3件発生)・・(付表1)   標語:「停止時の車間距離5m」・「死角を指差し安全確認」を励行する。
    3. 運行の安全に関わる周知の徹底は、点呼体制(24時間)の充実によって行う。     点呼時の指示・指導項目に立体確認・指さし呼称の徹底を入れ、出発前に再確認する。また健康状態の確認も確実に実施し、管理を徹底する。
    4. 関係法令の周知徹底を図るため、安全講習会を5月・10月に開催。5月には前年の結果を踏まえ、実際の事故事例を用いた講習を、10月には冬期対策やドラレコの映像を使用したヒヤリ・ハット講習を行う。
    5. 運行の安全を確保するため、運転者に対する指導監督:全運転者(一般的指導及び監督)・初任運転者、事故惹起者、高齢運転者(特定の運転者に対する指導)を運行管理者により意見交換を交え行う。
    6. 運行の安全を確保するため、運転適性診断(一般、初任、高齢)を適時に行い、事故の未然防止ための心理、生理上の運転行動等に対し、助言、指導を行う。
  3. 輸送の安全性向上のための目標の達成状況

    1. 重大事故:0件・人身事故:0件・労災事故:0件・物損事故:3件・製品事故:0件
    2. バック事故件数:2件が発生、前年から続いているバック事故に歯止めをかけるために緊急安全委員会を実施し、立体確認と指さし呼称の必要性を再確認した。
    3. 運行の安全を確保するため、新しいデジタルタコグラフとドライブレコーダーを導入し、活用する体制を整えた。
    4. インフルエンザ予防接種100%・定期健康診断100%実施し、健診結果より乗務員への健康管理指導を徹底した。
    5. 災害時に冷静な行動がとれるように講習会にて対策を共有。災害時対策カードを作成して全員に配布し、常に携帯するように点呼時に免許証と一緒に提示を徹底した。
    6. グリーン経営の推進(エコドライブ等)・Gマーク制度の継続。
  4. 輸送の安全確保に関する教育及び研修                                               1. 輸送の安全に関する目標(第2項)に基づき、安全マネジメントの効果的な実施に資する人材育成のため      の教育、研修を行う。
  5. 輸送の安全に関する費用支出
    1. 安全に関わる費用は、グループ内の事業所単位に安全委員会の年間予算を以って配分される。
    2. 東北安全委員会予算内訳
      項目 当年度予算額   備考
      会議費 ¥100,000− 安全委員会10,000×10
      講習会費 ¥300,000− 春季・秋季安全講習会
      報奨金 ¥300,000− 冬季無事故
      福利厚生費 ¥200,000− インフルエンザ予防接種他
      備品費 ¥200,000− アルコール検知器・安全旗・ポール
      予備費 ¥30,000−  
      合計 ¥1,130,000−  
  6. 輸送の安全に関する情報の伝達及び共有
    1. 安全委員会は輸送の安全に関する情報について、経営トップと各事業者の管理者(安全委員)が従業員との小集団活動等、適切な方法により得た内容がグループ全体に伝達され、かつ、共有される。
      また、従業員が、輸送の安全に支障がある事態を発見した場合には、直ちに、その情報が共有され、安全委員会は適切な対処を講じる。
  7. 事故、災害等に関する報告連絡体制
    1. 安全委員会は、事故、災害等が発生した場合、発生日時、天候、発生場所、状況、原因、その他災害等に関する報告が、速やかに経営トップまで伝達されること。
  8. 輸送の安全確保に関する業務の内部監査・改善・情報管理
    1. 輸送の安全に関する確認(年間計画表の指導項目の実施状況)は、チェック表により、3月に行う。また、重大な事故、災害発生時は、速やかに原因の調査並びに対応の措置を行う。
    2. 輸送の安全に関する確認の結果、改善すべき事項があった時は、速やかに、方策を検討し、結果を踏まえ、是正措置、予防措置を講じる。
    3. 輸送の安全に関する情報の管理は、安全マネジメントに関する基本的な方針の策定に当たり、会議の議事録、情報の記録及び保存の方法を定め、情報管理を的確に保存すること。

 

削減目標  


        車両・製品=2      重大事故=0



【車両・製品事故件数】
( )は重大事故
項目 発生件数 目標
件数 3件(0件) 2件(0件)
詳細 物損3件(内逆突2件) 26年度比改善努力