安全対策

     お薬の服用について.png

安全講習会

毎年、春季及び秋季に森田グループの安全講習会が開催されま す。その都度安全輸送をテーマにした講義、提案、討議、発表などが行われます。「安全・エ コ対策の実績」、「運輸安全マネージメントの取組み」、「事故の報告、分析」、「小集団活動とその成果」など、安全品質の向上を目指し毎回熱心な討議が繰 り広げられます。


2002年6月 森田グループ安全委員会を設立し、月に1回、各社・各事業所の責任者を集めて安全管理の基本方針などの勉強を行っています。

 

安全講習会2.jpg

安全講習会年間スケジュール
春季安全講習会(首都圏・東北) 5月
秋季安全講習会(首都圏・東北) 11月
安全委員会開催(首都圏) 第2土曜日
安全委員会開催(東北) 第4土曜日
小集団活動(5〜10名) 毎月1回
安全品質会議(管理者) 第2・3・4水曜日
運輸安全マネジメント 通年

 

安全講習会画像.jpg 挨拶訓練.jpg
25.11.09秋季安全講習会S.jpg 25.11.09秋季安全講習会2_S.jpg

運輸安全マネジメント 森田運送の取組

わが社の輸送の安全に関する基本方針
  1. 社長は、輸送の安全確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、安全性の向上を最点課題として、全社員が一丸となって『安全確保が全ての業務に優先する』意識を徹底させます。
  2. 輸送の安全確保に関する計画の策定(Plan)・実行(Do)・評価(Check)・改善(Act)を確実に実施し、安全対策を常に見直し、その向上に努めます。
  3. 輸送の安全に関する情報の連絡体制を確立し、情報の共有化を図り、積極的に公表します。
  4. 社速として高速道路は原則時速80km、一般道は法定速度以内とします。
  5. 走行中の前車との車間距離は『2秒以上』とし、停止時の車間距離は『5m以上』とする。
  6. 24時間対面点呼の実施及び飲酒運転撲滅を図る為、アルコール検知器による測定を実施。
安全スローガン
指差し確認と自己呼称

目で確認・声で確認・心で確認

 

輸送の安全に関する目標の設定及び実行計画
  基本方針に基づき、安全確保に関し目標を設定します。
 
  1. 人身事故件数 『  』 件
  2. 追突事故件数 『  』 件
  3. 製品事故件数 『  』 件
  事故件数 4件  ⇒ 今年度事故件数  件

 

  目標達成の為の実行計画策定
 
  1. ドライブレコーダー及びデジタルタコグラフを活用し安全輸送の向上を図る。
  2. 運行管理者による厳正な点呼を行い乗務員の健康状態の把握する。
  3. 新人乗務員及び高齢者乗務員に対する安全教育の強化。
  4. 管理者による添乗指導の実施。
  5. 外部講師を招き、安全講習会を年2回開催し全社員に周知徹底させる。
  6. KYT活動による事故防止対策。
  7. ナスバネットによる運転適性診断の受診。
  8. 11項目による指導の徹底。
  9. アルコール検知器による乗務前・乗務後検査。
車両・製品事故状況
  7/10  パレットが破損した事による製品破損事故。
  11/20  相手車両信号無視による衝突事故。
  2/4  構内バックによる接触事故。
  2/15  降雪時、スリップ事故。
輸送の安全に関する教育及び情報交換の場
  安全委員会(社長・役員・管理者参加)  月1回開催
 
  1. 基本方針の決定・年間計画・予算案の承認。
  2. 事故報告(原因・対策・損害などの検証)。
  3. 安全への取組み手法・手段等の勉強会。

 

  安全品質会議(安全委員)  月3回開催
 
  1. 年間計画の作成と進歩状況の確認。
  2. 事故分析(原因究明・対策の徹底)。
  3. 事故惹起運転者に対する再発防止の指導を徹底する。

 

  乗務員安全会議  月1回開催
 
  1. 事故に関する情報の共有と原因の究明・対策の徹底。
  2. ヒヤリ・ハット情報の収集と分析。
  3. 運行実績を活用した指導。

 

  安全講習会(全社員参加)   年2回開催
 
  1. 外部講師による安全講義。
  2. 運転技術やマナー品質の教育。
  3. 無事故・無違反乗務員に表彰。
事故・災害時に関する報告連絡体制及び指揮命令系統

事故、災害等が発生した時、運転者は発生日時・発生場所・天候・事故の態様・原因等を速やかに担当部所に報告し、報告を受けたものは社長に連絡し指示を受ける事とし、重大な事故、災害発生時も迅速に対応できる体制を備えます。

輸送の安全に関する費用支出

安全に関わる費用は、グループ内の事業所単位に安全委員会の年間予算を以て配分される。

 

  今年度予算内訳  
 
  1. 安全会議・乗務員安全会議費用              ¥291,000−
  2. 乗務員教育に係る費用                  ¥389,000−
  3. 安全対策に係る費用                 ¥506,000−
  4. 安全衛生に係る費用                  ¥554,000−
       ☆森田グループ全体費用       ¥3,500,000−

安全マネジメントの経過管理・改善・情報管理
  1. 輸送の安全に関する確認(年間計画表の指導項目の実施状況)は、チェック表により3月に行う。また、重大な事故、災害発生時は、速やかに原因の調査並びに措置を行う。
  2. 輸送の安全に関する確認の結果、改善すべき事項があった時は、速やかに、方策を検討し、結果を踏まえ、是正措置、予防措置を講じる。
  3. 安全の輸送に関する情報の管理は、安全マネジメントに関する基本的な方針の策定に当たり、会議の議事録、情報の記録及び保存の方法を定め、情報管理を的確に保存する事。
  4. 選任された安全委員で構成する安全委員会によって、毎月、安全マネジメント実施状況等の評価を行い、改善事項の検証を行う。